腸のやわらかさ

腸内の便の移動がスムーズで毎日のお通じが快調である状態を「腸がやわらかい」などと言うこともあります。
腸をやわらかくして排便力を高めましょう。

 

 

腸の動き

 

腸は便を排出するために「分節運動」と「蠕動運動」という動きを繰り返しています。

 

□分節運動
→収縮と弛緩を定期的なリズムで交互に繰り返すことです。
わかりやすく言うと、腸が上下にうねりながらクネクネと動くような感じです。

 

□蠕動運動
→食べ物や飲み物を飲んだ時に、腸内の便を押し出すように左右に伸縮する動きのことです。

 

 

腸がやわらかい人は、このような分節運動と蠕動運動が活発です。
とにかく、腸が上下左右に頻繁に動いているので、便が滞ることもないですし、スムーズに押し出されて排出できるのです。

 

誰でもちょっとした工夫で腸をやわらかくできます。
そこで、おすすめの方法をご紹介してみたいと思います。

 

 

■朝コップ1杯の水

 

自発的に腸が動きにくい人は、何かしらの方法で腸を刺激してあげると動きが活発になります。
朝起きたら、まずコップ1杯の常温の水を飲みましょう。

 

腸を穏やかに目覚めさせることができますので、毎日続けることで腸がやわらかくなって排便もスムーズになりますよ。

 

 

■朝食はきちんと食べる

 

腸が最も活発に活動するのは朝食後。
食欲がなくても軽い食事をするように習慣づけましょう。

フルーツやスムージーなど、消化が良くて十分に水分が取れるものがおすすめです。

 

 

■適度な運動を心がける

 

排便力を高めるためには適度な運動も必要です。
特に、おなか周りの腹筋を鍛えると腸内の動きが良くなって、排便もスムーズになります。

 

 

■ストレスフリーな生活を心がける
精神的なストレスは食べ物を消化する力と腸の機能を低下させます。
ストレスを感じた時に下痢や便秘を起こした経験がある方も多いと思います。

 

ストレスをなるべくためない

 

日常的にストレスを感じ続けた結果、うつや慢性的な疲労感なども併発することもあり、メンタルヘルスにも悪影響を及ぼします。
ストレスを感じたら、こまめに発散してリフレッシュするよう心がけましょう。