乳酸菌

食事や運動には気をつけているのに、なかなかおなかがスッキリしない・・・。
こんなお悩みがある人の腸内には老廃物や毒素が溜まっていて、スムーズなお通じの邪魔をしているのかもしれません。

 

まずは、おなかに溜まっているものをスッキリさせてからでないと、せっかくの正しい食習慣や運動が無駄になってしまいます。
そこで、排出力を高めるには「乳酸菌」がおすすめです。

 

 

腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」が存在しています。年齢を重ねるごとに善玉菌の数が減って悪玉菌が優勢になってくるので、何らかの形で善玉菌を増やしてあげる必要があります。

 

 

■乳酸菌の種類

 

□定住菌

 

腸内で活躍してくれる乳酸菌にはビフィズス菌やアシドフィルス菌などの「定住菌種」と呼ばれているものがあります。
これらは、生まれながらに人間が持っているもので、人それぞれで種類に違いがありますし、子どもと大人でも違うのです。

 

その人に合った菌でないと腸内では生き続けることができません。
腸内では悪玉菌を押さえ込む役目を果たしています。

 

 

□通過菌

 

定住菌に対して「通過菌」というものがあります。
通過菌はずっと腸内に定住できない性質がありますので、毎日何かしらの食材から過不足なく新しい菌を入れてあげる必要があります。
例えば、ビフィズス菌入りヨーグルトを食べると、数日間は腸内で生きていて、生きている限りは悪玉菌を抑えてお通じを良くしてくれる作用があります。

 

 

■乳酸菌の増やし方

 

私たちが乳酸菌を腸内で増やすためには、生きたまま腸にまで届く通過菌を常に摂取し続ける必要があります。
乳酸菌の研究が進んだ最近でこそ注目され始めている「プロバイオティクス」なんかがおすすめ。

 

プロバイオティクスとは生きたまま腸まで辿り着くパワフルな乳酸菌のことで、ラクトバチルス・ガセリ、ラクトバチルス・カゼイなど数種類あります。
ガセリ菌入りヨーグルトとか、カゼイ菌入り乳酸菌飲料とか大手食品メーカーが商品化している有名な商品がありますよね〜。

 

何でもかんでも乳酸菌入りのものを食べればいいということではなくて、しっかりと腸内で活躍してくれるものを食べるのが乳酸菌を腸内で増やすためのポイントです!