乳酸菌で出す

体が健康だと食事で栄養分の無くなった食べカスは、自然と腸がポイッと捨ててくれます。

 

しかし、食べる時間や食べる量が少ないと押し出す腸のリズムが乱れて、食べカスがどんどんおなかに溜まっていきます。
このような習慣を続けていると起こってくるのが「便秘」です。

 

便秘を放っておくと「宿便」がおなかにドッサリと溜まってきます。
宿便は格好の悪玉菌の増殖スポットとなるので、腸内の環境に悪影響を及ぼします。

 

ガスが溜まっておなかがパンパンになったり、便秘が慢性化して下剤の力なしでは便を出せなくなったりと、体の機能がおかしくなってしまう状況を作り出してしまいます。
体の機能を正常な状態に保つためは、腸内の環境作りから考えなければなりません。

 

とにかく、腸に便を溜めこまずに、すばやく出すことが健康につながります。

 

 

腸内環境を整えるためには、「乳酸菌」を利用するのがおすすめです!

 

乳酸菌は腸内を健康にする善玉菌のエサであり、悪玉菌を退治してくれる強い味方です。
毎日摂取することで、腸内の良いものが増えて、悪いものが減っていくという良いリズムが整うわけです!

 

ヨーグルト・サプリメント・便秘茶による乳酸菌の摂取方法があります。

 

いずれの商品も食生活に手軽に取り入れられるので、自分の摂取しやすいものを選ぶと良いと思います。
また、乳酸菌はたくさん摂取しても健康被害はないので、いくつかの商品を併用するのも良いと思いますよ。