おなかにガスが溜まる

宿便が溜まると、腸内環境を良い状態に保つ善玉菌が少なくなり、悪い状態に傾ける悪玉菌が優勢な状態になっていきます。
悪玉菌が優勢な状態になると臭いの原因となるアンモニアなどの有害物質がおなかの中で発生します。

 

この、有害物質がおなかに「ガス」を発生さる原因で、おなかがパンパンに張ってくる状態になります。

 

 

私たちの腸内では多種類の細菌の集まりが一定のバランスを維持していることによって、健康な状態が保たれています。
ところが、食生活の乱れやストレスによって腸内細菌のバランスが崩れることがあります。

 

腸内細菌のバランスが崩れることで、排便リズムが乱れて便が溜まり、悪玉菌がガスを発生させます。
腸内細菌のバランスの正常化には乳酸菌が効果的です。

 

乳酸菌の摂取によって腸内の善玉菌が増加するので、悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内での食べカスの腐敗を防いでガスが発生しにくくなります。

 

毎日の食事において、乳酸菌の多い発酵食品を積極的に食べるように心がけると良いでしょう。

 

しかし、食品から摂取した乳酸菌はすべてではないのですが、ほとんどは刺激の強い胃酸などによって腸に届く前に死んでしまいます。
そこで、最も効率的に生きたまま乳酸菌を腸に届けてくれるサプリメントがおすすめです。

 

最近では、乳酸菌を配合したサプリメントがあるので、手間をかけずに飲むことができて継続しやすく、腸内環境を整えるのにとても便利です。