断食で出す

日本人は3度の食事の他にも必要以上な間食習慣があるので過食気味の傾向があります。
実は胃腸を酷使していると、腸内に悪玉菌が増えやすくなります。

 

悪玉菌が多いと腸内の働きが悪くなり、慢性的な便秘になってしまいます。

 

 

そこで、おすすめなのが「断食」です。
断食をすると腸内細菌も善玉菌が優勢になってきますから、腸内に溜まっている宿便も排出されやすくなります。

 

 

断食をする場合は、完全に食事を絶ってしまうような無理な方法はおすすめできません。
あくまでも宿便を体外に出しやすくすることが目的ですので、ほとんど休みなく働いていた胃腸をゆっくり休ませることができればいいのです。

 

つまり、胃腸にやさしい食事を少量食べることがポイントです。
食べ物の消化・吸収にかけていた分のパワーが減れば、腸内の宿便を排出すること専念することができます。

 

 

「食事で食物繊維を摂って出す」の記事でも触れていますが、スムージーなどの消化の良いもののみを摂取するのがおすすめです。
スムージーは食物繊維と水分を同時に摂取できる効率的な方法です。

 

食物繊維が絡め取った便を水分の力でやわらかくして押し出す作用が期待できますので、ガンコな宿便にお悩みの方のお通じ改善にもピッタリです。

 

断食は2日〜1週間続けることで穏やかな効き目がわかります。
無理しない程度の断食にチャレンジして、溜まっていた宿便を少しずつスッキリさせて、ポッコリおなかをスリムにしてみましょう。