肌が荒れる

宿便の中には、食べ物のカス・古くなって死滅した細胞などが含まれています。

 

宿便を何日も体内に溜め込むことで、宿便中の毒素が体内に再吸収されて様々な体調不良を引き起こします。
中でも、肌トラブルは女性の大敵です。

 

宿便は体から速やかに排出させなければなりません。

 

腸内に長時間宿便が溜まっていると、行き場所がなくなった古い宿便が、体内に再び吸収されるようになります。

 

排便リズムが乱れると、宿便の毒素が体内に取り込まれるように脳が間違った指令を出してしまいます。
そうなると、体を作る機能がおかしくなってしまい、毒素が取り入れられた肌細胞が炎症を起こし始めます。
ニキビ・吹き出物として、肌に症状が現われてきます。

 

肌のトラブルには正しい栄養補給と腸内のケアが大切です。

 

宿便を解消して、体の中からキレイになることで健康な肌を手に入れることができますよ。
健康な肌をつくるためには食生活において、たんぱく質やビタミンA・C・Eを積極的に摂取するのが効果的です。

 

また、皮膚の新陳代謝を活発にするためには積極的に乳酸菌を摂取しましょう。
乳酸菌の摂取によって腸内の善玉菌が増加して、悪玉菌の増殖が抑えられます。
その結果、宿便の排泄・代謝が促進され、肌が本来の状態を取り戻します。

 

余分な物を体外からすばやく出すことで、新しい細胞が作られて、肌の状態も健康に保つことができます。
美肌作りは、宿便のない腸内環境作りからです!